社員紹介

  • 悩み、相談し、解決する。

    そうして生まれた製品が品質に繋がる。

    私は金型課に所属し、アルミダイカスト製品の金型に関する製作・修理・メンテナンスを任されています。金型は製品を形作る根幹となる部分。設計上はうまくいっていても、実際に製造してみるとうまく製品が出来上がらないこともあるなど、繊細な調整を求められる分野です。
    それゆえに難しさを感じることもありますが、良品が出来上がると頑張りが形になる喜びとともに大きなやりがいを感じることができています。

    これからの目標は、チームリーダーから係長、課長と、どんどん昇進していくこと。そのためには、他部署の問題も自分のことのように受け止め、一緒に悩み、解決する役目を担うことが大切です。会社全体のマネジメントに取り組み、社内外から実力を認められる存在へと成長したいと考えています。
    そして何より、誰にでもその道が拓かれていることは、当社の魅力の一つだと考えています。

  • 大阪本社/金型課

    小倉和博

    2012年入社

スケジュール

8:00~

朝礼/掃除・・・社訓の復唱や1日の業務内容の確認を行います。その後、社員全員で5Sスローガンのもと、社内の清掃活動を行います。また、夜勤担当社員からの引継ぎ業務も行います。 

8:30~

メールチェック・・・お客様からのメールをチェックします。内容によっては、1日の業務内容に変更が生じることもあるため、しっかりと目を通します。 

9:00~

金型設計・・・お客様と設計した部品図面をもとに3Dモデルを作成し、鋳造用金型を設計します。3D CADを用いて設計しています。 

11:00~

後輩社員の指導・・・同じ部署の後輩社員に金型設計のノウハウを伝えます。後輩たちとともに金型を作り上げた時の達成感は非常に大きいです。 

12:00~

昼休憩 

13:00~

新金型の打ち合わせ・・・関係部署の社員やお客様とともに新しい金型作成についての打ち合わせを行います。金型のプロとして意見発信を行い、最適な提案を心掛けます。 

15:00~

金型のチェック・・・金型を用いる部署の社員と完成した金型の最終確認を行います。金型は全ての生産工程に影響を及ぼすため、どんな小さな誤差も許されません。 

17:00~

退社