社員紹介

  • 製品やマシン、社員への気配りが

    洗練された良品を生む。

    私はものづくりに携わる父から仕事のやりがいや楽しさを聞いたことをきっかけに、ものづくりに興味を抱くようになりました。就職活動を通して出会った旭工精に父の話を重ね、「車や電化製品の中で活躍するダイカスト製品に携わる仕事には、世界を支える誇りとやりがいがあるに違いない。」と確信し、入社を決意しました。

    現在はダイカスト課に所属し、ダイカストマシンの管理や金型の変更などを任されています。ダイカスト課の仕事は、次の切削・加工・品質管理といった業務に大きな影響を与えるということもあり、一つでも多くの良品を生み出す工夫が求められます。そのため、業務中は常に製品・マシン・連携する仲間たちへの気配りや確認が欠かせません。時には不良が発生することもありますが、原因を追究し、私のアイデアや考えが製造に活かされて良品の生産が再開した時は、嬉しさと充実感で一杯になります。

    今後は、ダイカスト製品の鋳造、加工、管理、営業など、多くの知識を身に付け、“旭工精という会社”を知るプロフェッショナルへと成長したいと考えています。

  • 大阪本社/ダイカスト課

    平尾誠治

    2016年入社

スケジュール

8:00~

引継ぎ業務・・・夜勤担当社員に問題やマシンの調整などがあったかを確認し、スムーズに業務へ取り組むことができるようにします。 

9:00~

鋳造日報の記入・サンプルチェック・・・日報に品質確認のための条件を記入し、製品に不備がないかの確認を行います。 

10:00~

ダイカストマシンのチェック・・・鋳造機械や周辺機器、設置環境を清潔に保ち、良品の量産に神経を注ぎます。 

12:00~

昼休憩 

13:00~

製品取り・・・成型された製品を並べ、次の工程へ送る準備を行います。 

14:00~

金型換え・・・量産する製品に合わせて金型を変更します。金型変更にはクレーンを使用します。 

16:00~

ダイカストマシンのチェック 

17:00~

退社